photo heart

ブログ日記

写真家の流儀

2016年10月 5日

久々に写真雑誌を買いました。

写真家の流儀

いろいろなジャンルの写真家さんが、自分の撮影スタイルや撮影に対しての心構え、視点などが語られています。

写真家の流儀F2.0 SS1/6000, ISO1600
XF 90mm F2 with X-T1

月刊誌などは最新カメラ・レンズや、季節ネタなどが多くて、ほとんど買わなくなりました。
といっても、最新機種に興味がないわけではなく、雑誌で情報収集しなくなった、という方が正しいかもしれません。

最近私が知りたいのは、どうして撮っているのか、何故その被写体を選んだのか、何故撮り続けているのか、など動機や気持ち・衝動などの根本的なところなのです。

写真家の流儀F1.4 SS1/950, ISO200
XF 35mm F1.4(マクロエクステンションチューブ)with X-T1

もちろん私にも写真を撮るうえでの流儀があります。
最近、またこの言葉が撮るうえで大切だなぁと感じています。

「美しい」

この言葉は単に見た目が美しいだけではなく、私の心が美しいと思ったものであって、もちろん見た目もありますが、そのシチュエーションや佇まい、被写体の心だったり行動だったり、様々な意味での美しさが含まれています。

何か美しいと思えた瞬間にシャッターを切る。
それが私の流儀なのだな、と改めて考えることができました。

写真家の流儀F2.0 SS1/1600, ISO800
XF 90mm F2 with X-T1

そろそろ本格的な秋。
美しいお花や紅葉が待っていますね♪

関連キーワード