photo heart写真の心。写真に思いを。。写真を学ぶ写心の時間。

カメラのこと写真のこと、いろいろ覚えることは多いけど、表現したいものを見つけて楽しく学びましょう♪
photo heartは楽しく写真を撮るためのWEB・リアルの写真教室・ワークショップです。

管理人紹介、もとい私の写真遍歴

私が写真にはまったきっかけ

管理人紹介、もとい私の写真遍歴

現職:WEBディレクター&クリエーター。
絵を描くのが好きだった私は小学生の頃から旅行の際には、「写るんです」で写真を撮るのも好きでした。社会人になりコンパクトデジカメを買い、ドライブがてら撮影することを続けていました。転職をしWEB業界に入ってからは、WEB素材の撮影と30歳の記念してデジタル一眼レフ(PENTAX K10D)を購入。これが写真にはまるきっかけでした。

理系人間は私は絞りやシャッター速度、露出やホワイトバランスなど、新しいことを覚えて実験の様に遊ぶことがとても楽しい時間でした。
趣味で漫画を描いたり絵を描いたり、音楽・バンドにはまったりしていた私には新しい表現方法として写真にはまるには時間がかかりませんでした。

そんな私を見て父親からNikon FとEOS 55を譲り受け、本格的にフィルム写真も始めました。最初の頃は現像時にCDに焼きこんでもらっていましたが、フラットベッドスキャナを購入し自分でスキャンするようになり、レンタル暗室&ギャラリー主催のワークショップで暗室ワークを学び、今では写真展等での作品のほとんどがフィルム撮影・暗室での手焼きプリントになりました。

写真。
私にとっては、自分が見たものを忠実に写実でき、絞りやシャッター速度で人間の眼ではとらえられないものを発見でき、明るさや色などで非現実的な世界を表現でき、自分がイメージしたものを1枚の絵にしてくれる新しい表現ツールになっています。

堅苦しく書いてしまいましたが、自分の作品を作っていく楽しさもあれば、写真の表現方法を学ぶこと、新しい被写体に出会ったり、シャッターを切る楽しさ、また、いろんなカメラやレンズとの出会い、写真を通していろいろな方に出会ったり、さまざまな世界が写真にはあります。
もちろん、人によって写真の考え方・写真との関わり方は様々だと思います。このような多様性があることも私が写真に惹かれる理由かもしれません。

今まで使ってきたカメラたち

フィルムカメラ

35mmフィルム

  • 富士フイルム 写るんです
  • PENTAX MZ-3
  • Canon EOS 55
  • Nikon F
  • Canon EOS 1N
  • CONTAX Aria
  • Canon FTB
  • CONTAX 159MM

中判フィルム

  • BRONICA S2
  • PENTACON SIX TL
  • HASSELBLAD 500C/M
  • PENTAX 6x7

デジタルカメラ

  • 富士フイルム FinePix F601
  • Canon Powershot A640
  • PENTAX K10D
  • Canon EOS 40D
  • Canon EOS 5D
  • Canon EOS 5D markII
  • SONY NEX 5
  • Canon EOS M
  • Canon EOS 6D
  • 富士フイルム X-T1

page top