photo heart写真の心。写真に思いを。。写真を学ぶ写心の時間。

カメラのこと写真のこと、いろいろ覚えることは多いけど、表現したいものを見つけて楽しく学びましょう♪
photo heartは楽しく写真を撮るためのWEB・リアルの写真教室・ワークショップです。

WEB写真教室

やっぱりカメラも好き

カメラは写真を撮るための道具

カテゴリー:やっぱりカメラも好き2015.07.08.Wed

ここ10年でのデジタルカメラの普及は目覚ましいものがあります。
それ以上にスマートフォンの普及によって、写真を撮ることが日常生活には欠かせないものになりつつあります。TwitterやFacebookなどを見ていると、写真を見ない日はないと思います。まさに日本人総カメラマンな時代になってきましたね。

ここで、みなさんに質問です。
みなさんは日常見る写真がどんなカメラで撮られているか意識していますか?

カメラは写真を撮るための道具F4, SS1/80, ISO3200
EF 24-70mm F2.8L with EOS 6D

正直な話、私は意識していません。

理由としては、どんなカメラで撮られていてもいい写真はいいからです。

それでは、再びみなさんに質問です。
ウン十万円もするカメラで撮られた写真は良い写真でしょうか?

そんなことはありませんよね。
そのカメラを使っている方次第ですよね。

ここまでくると気付いているかもしれませんが、良い写真を撮るのに必ずいいカメラが必要とは限りません。
良い写真を撮るために何が必要なのか考える方が重要になるのです。

それでは世の中には色々なカメラがあるのでしょうか?

カメラは写真を撮るための道具F11, SS2.5", ISO3200
Planar 50mm F1.4 T* with EOS 6D

私は植物・お花・自然を撮ることが好きです。
特にクローズアップしてとることが多く、望遠寄りの焦点距離を好んでいます。また、ボケも重要な要素になります。
そのため、APS-Cの一眼スタイルのミラーレスを主にを使っています。

そうです、撮りたいものによってカメラを使い分けるのです。

写真に深くはまっていなくても、スマートフォンという普段持っているツールで写真が撮れ、写真を見せる場所(TwitterやFacebookなど)が充実し、写真がより身近な存在になったのだと思います。

少し脱線してしまいましたが、カメラはあくまで写真を撮るための道具であるのです。
撮りたい写真に合わせて、カメラを選んでもらえるとカメラも本望だと思うのです。

とはいっても、このサイトを見ていただいているみなさんはカメラも好きですよね(笑)

このカメラを使ってみたい♪
という純粋な気持ちも大切だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

page top