photo heart写真の心。写真に思いを。。写真を学ぶ写心の時間。

カメラのこと写真のこと、いろいろ覚えることは多いけど、表現したいものを見つけて楽しく学びましょう♪
photo heartは楽しく写真を撮るためのWEB・リアルの写真教室・ワークショップです。

WEB写真教室

写真展関連

写真展を開くまで~その1:テーマ・コンセプト~

カテゴリー:写真展関連2017.05.07.Sun

私事ですが、10月20日から個展を開催いたします。
実に3年ぶりの個展。
実に楽しみです^-^

今年の写真教室の目玉で写真展に向けての教室を予定していましたが、まだタイミングではないのか、最低開催人数に達しませんでしたので、個展開催の運びになりました。

そこで、WEB上でですが、写真展開催までの工程をお伝えできればと考えています。

写真展を開くまで~その1:テーマ・コンセプト~F2 SS1/28000, ISO200
XF 90mm F2 with X-T1

1回目は「テーマ・コンセプト」について。
私はここが一番大切で一番大事だと考えています。

ここで質問。
テーマとコンセプトの違いは何でしょうか?
言葉にできますか?

・・・

テーマとは、主題です。
写真展に置き換えてみると、「何を撮るのか・何の写真を見せるのか」となります。

コンセプトとは、概念または発想や観点です。
写真展に置き換えてみると、「どの視点で写真を見せるのか、どんな表現方法を使うのか」となります。

ちょっとわかりづらいかもしれませんね。
私はいつもこんな風に考えています。

「このテーマを、どんなコンセプトで表現するか」

例えば、私のこれまでの個展のテーマとコンセプトを簡単に表現すると、
『「植物と花」というテーマを、「小さな声」というコンセプトで表現する』
『「植物の緑」というテーマを、「向こうからくる光」というコンセプトで表現する』
こんな感じになります。

写真展を開くまで~その1:テーマ・コンセプト~F4 SS1/250, ISO200
XF 90mm F2 with X-T1

それでは何故テーマとコンセプトが重要なのかをお伝えします。
「当たり前でしょ」と思われてしまいますが、下記のすべてにテーマ・コンセプトは関わってきます。

  • 何をどう撮るのか
  • 写真のセレクト
  • 写真展のタイトル
  • 写真展のステートメント
  • 写真のキャプション
  • 展示レイアウト

写真展の準備を進めていると、写真が足りなくなる場合もあります。
この流れで展示するとフックになる写真がほしい、対になる写真が必要、など私も追加で撮影することもあります。
その時にテーマ・コンセプトを考えながら撮影を行います。

写真のセレクトしている時も同様です。
自分の写真をたくさん見てセレクトしていると、頭がパンクしそうになります。
いえ、パンクしちゃっている時も多々あります(笑)
そんな時は初心に戻る、もといテーマ・コンセプトに戻ります。

また、ステートメントを書く際には、内容をわかりやすく伝えたり、写真に深みを持たせるために見ていただく方に質問を投げかけたり、とテーマとコンセプトを違った文面に変える必要があります。
テーマ・コンセプトをしっかり組み立てているか、自分の作品をしっかり言葉で説明できるか、これでステートメントが変わってきます。

グループ展においては、コンセプトよりもテーマの方が重要になると思います。
テーマだけを共有して、各々自由に表現する際には、コンセプトは各自で決めることが可能です。
例えば「顔」というテーマのグループ展の場合、パートナーの顔・ペットの顔、街行く人の顔などさまざまなコンセプトが作れそうですよね。
この場合は、テーマを単純なワードで決めておくと、各自の個性が表現されて楽しい展示になりそうです♪
また、テーマ・コンセプトをグループ全体で決めておくと、展示全体がまとまった展示になります。
しかしこの場合、全員が同じ方向性を向いていないと、まとまりがなくなってしまうので、全員でテーマ・コンセプトをしっかり理解しておく必要があります。

少し小難しい話ばかりになりましたね(^-^;
特に個展となるとすべてがひとり作業になるので、テーマ・コンセプトに立ち返ることが本当に多いんです。

私も先日、テーマ・コンセプトを決めたところです。
普段撮影しているテーマがあるので、基本的にはそれに沿う形にはなるのですが、私の場合、テーマよりもコンセプトの方を重視しています。
それは伝えたい事・感じてもらいたいことがあるからです。

最初にお伝えしたとおり、テーマは「何を撮るか・見せるか」という主題です。
いくつかテーマがあるといっても、けっこうありふれたテーマです。
そのため、「どのように表現するか」の方が重要になります。
それによって、どの写真を使うのか、どんなプリントにするのか、サイズはどうするのか、などさまざまな事を決めていくのです。

写真展を開くまで~その1:テーマ・コンセプト~F1.4 SS1/3200, ISO200
Planar 50mm F1.4 with X-T1

長くなってしまいましたが、テーマ・コンセプトの重要性が少しでも伝わればと思います。
ちなみに初めての写真展でテーマ・コンセプトを迷っている方はこんなテーマ・コンセプトはいかがでしょうか?

テーマ「私の好きなもの」
コンセプト「好きなものを楽しむ♪」

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

page top