photo heart写真の心。写真に思いを。。写真を学ぶ写心の時間。

カメラのこと写真のこと、いろいろ覚えることは多いけど、表現したいものを見つけて楽しく学びましょう♪
photo heartは楽しく写真を撮るためのWEB・リアルの写真教室・ワークショップです。

WEB写真教室

写真のいろは

露出について

カテゴリー:写真のいろは2014.05.01.Thu

露出。
写真を始めたばかりの方には、小難しい話のように思うかもしれませんが、
こういうと簡単に聞こえませんか?

写真の明るさ。

本来の露出とは、フィルムや画像素子、または印画紙に光をさらすことなのですが、写真の明るさの事を露出として使われることが多いので、このように覚えても問題はありません。

露出についてF5.6, SS1/4000, ISO800
EF 200mm F2.8L with EOS 6D

現在発売されているカメラのほとんどには露出計が内蔵されていますが、古いカメラでは露出計が内蔵されていませんでした。

私の使っているHASSELBLAD(ハッセルブラッド)には露出計が付いていませんので、写真のような単体の露出計を使っています。

露出についてF5.6, SS1/40, ISO3200
EF 40mm F2.8 STM with EOS 6D

もし露出計がなかったら、真っ白な写真や真黒な写真を量産してしまいます。フィルムで撮影していると、とても無駄な事になってしまいますね(^-^;

長く写真を撮っていると、露出計に頼らなくてもある程度の明るさはわかるようになりますが、プリントしたり、作品を作り上げることを考えると、しっかり写真の明るさを考えなくてはなりません。

露出については覚えることがそれなりにありますが、
写真の明るさは重要!
とだけ覚えておいてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

page top