photo heart写真の心。写真に思いを。。写真を学ぶ写心の時間。

カメラのこと写真のこと、いろいろ覚えることは多いけど、表現したいものを見つけて楽しく学びましょう♪
photo heartは楽しく写真を撮るためのWEB・リアルの写真教室・ワークショップです。

WEB写真教室

TIPS・小技

桜撮影の5つのコツ -実は難しい桜撮影-

カテゴリー:TIPS・小技2017.04.05.Wed

東京では桜満開になりましたね^-^
私もこの時期は撮影したくてうずうずしてしまいます♪

すでに都内は満開になってしまいましたが、私流の桜撮影をご紹介したいと思います。

桜撮影の5つのコツ -実は難しい桜撮影-F2 SS1/1700, ISO200
XF 90mm F2 with X-T1

桜、とくにソメイヨシノは撮影が難しいです。
その理由はこちら。

実は色が白に近い。

これが一番の理由です。
本当に白いお花だと単純に白くすればいいのですが、
「桜 = ピンク」
という思い込みが「ん~、なんか桜っぽくない」という感覚になってしまいます。

そこで、桜をピンクで表現するためのテクニックをいくつかご紹介。

1:彩度設定をビビッドにする

一番簡単な方法がこちら。
各メーカーで色味や彩度などの仕上がりの設定を変える項目があります。
キヤノンだとピクチャースタイル、ニコンだとピクチャーコントロール、富士フイルムだとフィルムシミュレーションなどですね。
こちらの設定を色鮮やかな設定にします。
ビビッドな設定はコントラストも高くなるので、ほかの被写体と一緒に桜を撮影する際にもとてもきれいになります。

桜撮影の5つのコツ -実は難しい桜撮影-1F4 SS1/280, ISO200
XF 90mm F2 with X-T1

2:ホワイトバランス(WB)をいじってみる

私が一番オススメの方法はこちらです。
写真を始めたばかりの方はWBって難しい・・・、と思われているようですが、簡単に言えば光を無色透明にしてくれるものです。
同じ太陽の光でも、朝・昼・夕方の雰囲気ってありますよね。
朝はさわやかな青い感じ、昼はキラキラした白い感じ、夕方は黄色からオレンジに変化していく感じ、などの雰囲気です。
もともとWBはこの光の色を無色透明にする機能なのですが、色味を変更するフィルターのように使えるのです♪
このWBでマゼンタ(M)を強めに設定します。
そうするとうっすらピンク色を強調することができます♪

桜撮影の5つのコツ -実は難しい桜撮影-2F2 SS1/250, ISO250
XF 90mm F2 with X-T1

ちなみに色味の強い寒桜や河津桜を撮影する時、私は青みを強くすることが多いです。
すると色味は強いけど透明感のある桜になるのです。

実は難しい桜撮影4F4 SS1/250, ISO400
XF 90mm F2 with X-T1

3:露出はプラスに設定する

露出は黒いものを撮影する際にはマイナスに補正します。
桜は白く明るいお花なので、露出をプラスに補正して撮影しましょう。
しかし、極端にプラス補正すると色が飛んでしまうので、少しずつ設定を変えていい感じの明るさと色になるように調整してみましょう。

桜撮影の5つのコツ -実は難しい桜撮影-3F2.8 SS1/350, ISO400
Makro-Planar 100mm F2.8 with X-T1

4:順光での撮影と逆光での撮影

春の陽気に桜。
青空と桜を綺麗に撮りたいですよね^-^
そんな時は順光で撮影をしましょう。
順光で撮るには、太陽を背にして撮影をしましょう。
なぜかというと、太陽は非常に強力な光源です。
そのため太陽の周りは青よりも白くなってしまいます。
順光で撮影すると、桜の向こうにある空は太陽よりも遠い位置になるので、空の青が濃くなるので、青空と桜を綺麗に撮ることができます。

桜撮影の5つのコツ -実は難しい桜撮影-4CarlZeiss Biogon 80mm F2.8 with PENTACON SIX TL(E100VS)

5:思い切り寄ってみる、もしくは離れてみる

これは読んで字の如く。
寄るか離れるのかです。
もう少し具体的に表現すると、お花一個一個に注目するのか、木全体を見せるのか、です。
中途半端になってしまうよりも、どっちかハッキリしましょう!という感じですね。

桜撮影の5つのコツ -実は難しい桜撮影-5Makro-Planar CF 120mm F4 T* with HASSELBLAD 500CM(Ektar100)

桜撮影の5つのコツ -実は難しい桜撮影-5F2 SS1/250, ISO200
XF 90mm F2 with X-T1

以上が桜を綺麗に撮る簡単な方法です。
ただし、こちらは一般的なお話。

自分なりの桜、人とは違う桜を撮りたい!
そんな方は上記に加えて、

  • レンズを変えてみる(焦点距離・マクロ・魚眼など)
  • 桜のみに引き算する
  • 桜以外を足し算する
  • 時間帯を変えてみる
  • ストロボを使ってみる

などなど、様々な要素を自分なりにミックスしてみましょう。
あなたオリジナルの桜写真が徐々に見えてきます^-^

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

page top